社交ダンスパーティー、照る日、曇る日 シャドウ

-
syakoudancetoyama
パーティー会場に早く着いたりすると男ばっかりという事が多い。
ストレッチだけでは時間を持て余す。
そういう時はシャドウ
私の場合はたいていブルースのシャドウと後退ウォーク。
タンゴの曲でもルンバの曲でも4拍子であれば全てブルース
主眼は確実な体重移動と素早いロアー(踵の着床)・・・語り出せば切りがない(-_-;)

シャドウした日は女子におおいにモてると先日のパーティーでふと思った。

ふれあいタイム? 噴水?
天敵と踊ることになってしまった。
とは言え、根が真面目な私は何時もの通り真面目に踊る。

曲はタンゴ

こいつ、上手い時はうまいなあ。
プロムナードターンから続けるロックターンなんか史上最高!
「ROCK」には二つの意味がある、「岩」と「やさしく)揺り動かす,揺する.」である。
多いのは「岩」だ
この天敵のは「やさしく)揺り動かす,揺する.」である。
流石と認めざるを得ない。

何故、天敵なのか?
長い歴史の間にはそういうこともあるということです(-_-;)

踊り終えて彼女曰く
「まあ。おじょずですわねえ」

こういうお上手をイケシャアシャーと言うところが天敵の所以と言えなくもない。
こきおろすのもたった一言でズバッと決めるのだから。
花ある女は男を殺すのも上手いのである。。。...

君子、危うきに近寄らず、当分、天敵のままで居よう、
・・・付かず、離れず、なんちゃって。

帰り際に違う彼女が来て、「今度は私と踊ってね」だって。

今日はなんでこんなにモテるんだろう?
思い当たるのは「シャドウしたから」しかなかった。


シャドウ シャドー


【amazon】ボールルームへようこそ 【楽天市場】ボールルームへようこそ

syakoudancetoyama
Posted bysyakoudancetoyama