重役出勤

重役出勤

昨日のニュースで北陸地方は積雪100センチの予測と言っていたような。
あのニュースは夢か幻だったのか・・・ちょっと疲れすぎか(^^;

私の家の周りでは積雪5センチか10センチだった。
それでも道路は凍てついている。
今日は外には出ないほうが良いかも・・・。

午後3時、ふと外を見た。
道路の凍てつきは取れていた。
運動不足解消に踊って来るか。

ホールに着いたのは3時半・・・多分。
マスターに「今日は遅いね、重役出勤だね」・・・(^^;(^^;(^^;

運動不足か身体が重くて動けない・・・
今日は踊りの汗じゃなくて、労働の汗をかくので充分かもしれない。

一生懸命踊ったというか労働したというか
なんと評されようと知ったことか、俺は俺流にしか踊れない。

サンバの時とタバコ3本の時以外はほとんど踊り続けた。
10人ぐらいの人と踊ったろうか・・・

今日は悪天にもかかわらず人が多かった。
人が多いときは歩幅10センチでと思って踊っていたら
あなたの踊りは大きいからと踊っていた相手に言われてしまった。
暴走族?、うーん、私が女性について行ってるだけなんだけどなあ。。

どこまで修行しなくちゃいけないのだろう???

5時半頃からかホールが空いてきた。
空いてきたと言うことは女性も帰ちゃったということ。
空いてきても相手がいないのじゃ踊るに踊れない。

しかし、今日はついていた、タフな人が二人も残っていた。
1人目の人は時間で帰って行った。
2人目の人は今日で踊るのは3回目かな・・・。

私は今踊りを変えようと鋭意努力中である。
大いなる電信柱から大いなる蛸踊り派へ。

おおいなる蛸踊りは結構疲れるのだ。
疲れないための蛸踊りのはずなんだけど・・・(^^;

最後に踊った二人目の彼女もタフだった。
酸欠でヒーヒー言ってるくせに頼めばいくらでも踊ってくれる。
今時、こういう女性は貴重なのだ・・・ダンケシェーン(ありがとう)

(追記)
ヒールが落ちるタイプの女性と踊るのは難しい。女性に合わせ、そのまま音楽より早く(即ち音痴に)踊るか、音楽と合わせる為にワザと歩幅を拡げることによっって時間を稼ぐなどと言う方法を取るかである。前者は女性に非常に好評である。後者は貴男は非常に重いと非難されることが多い。
もっと根本的な対策がある筈なのだが誰も教えてくれない。良心的な男子にとってこの問題は一生続く悩みかもしれない。
音痴であることを自覚してない女性は問題が発生していることさえ認知できないのでお気楽なものである。

2008.02.24 00:43 初稿