とかく女子というものは。。。社交ダンスおかま的女子役秘技の秘話

0 Comments
syakoudancetoyama
私と言う男子から見た女子の最大の欠点は「1歩で2歩行く」ということである。
言いかえれば、「1歩進んで支えきれずバランスを崩し2歩目を踏んでいる」ということが多い。
「1歩進んでも体重を移動させ切ってないものだから、バランスが取れず二歩目の足の上に落ちてしまっている」と書く方が情景描写になるかな。
1歩ずつ体重移動しなければならないという大義名分は知っているが、いつも男子にぶらさがっているものだから、「1歩ずつ体重移動して立つの実感」を知らない!

先生が一から十まで口が酸っぱくなるまで説明していても駄目。
女子に説明しているのを見て、男子の方が先に覚えシャドウまでしている。
こういう女子を納得させるためには、
おかま役で女子より上手く踊って見せなければならない。(^^;

口の減らない女子は「だから、男子は女子の3倍練習しなくてはならない」と平気で言う。
馬鹿も筋金入りの話が女子の間ではまことしやかに叫ばれて後輩に受け継がれている。

うーん、今日習ったことのおかま的女子役のポイントを書こうと思ったが、アホ話で夜中になってしまった。。。

----

私の社交ダンス人生の最大の失敗は女性を過大評価してきたことである。

小学生、中学生のクラスでトップの成績をおさめていたのは大抵女子だったし
ピアノを弾けたのも女子しかいなっかったような気がする。

仕事場でも女子の方が早くテキパキ仕事しはじめた。
タイピングは早いし、得意先の電話番号なんか諳んじている。

高速道路でも商店街の裏道でも女子の方がバンバン車を飛ばしている。

幸か不幸か私はこういう女性しか知らなかった。

社交ダンスをはじめてまだ日が浅かった頃
女の一番頭の良いのと男の一番腐ったのとでは男の腐ったのの方がまだマシだ
と言われてびっくりしたことがある。

それから20数年・・・私もそうだと思うようになってきた。
社交ダンスの世界ではこれが真実なのだと思った方が、男子は出世する。
「女子は笑顔さえ可愛ければ良い、頑張るのは男子」と高言する方が男子として正しい。
即ち、女性蔑視してる男子の方が、女子に圧倒的に好かれる!!!

私は真実に気が付くのが遅かった。。。...

教室でも先生が女子に甘いのは、厳しくすると女子は甘い先生の教室に逃げるので、女子には強く言えないと言う営業上の都合があるからなのである。

総じて言えば女子100名が居たら99人は頭が悪い。
ただ、場所によっては100人とも頭が良い場合もある!
・・・と書いておかないと、袋叩き。。。...

まあね、頭の悪い女子は、このブログはデザインが悪いとか言って、直ぐに帰って行くから、何を書こうが構わない。。。...


(社交ダンス sho) - 「おかま」についての記事一覧


シャドウ シャドー
とかく女子というものは。。。社交ダンスおかま的女子役秘技の秘話
syakoudancetoyama
Posted bysyakoudancetoyama

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply