社交ダンス団体レッスン月曜日ワルツ超初級:何故足型が覚えられないのか?3

この記事も「社交ダンス」記事乱発の一環 m(_ _)m

ワルツなどモダン種目では、女子の顔は左を見てるか、右を見てるかの、2つしかない。

ここは左を見ていなければならないとか、右を見ていなければならないとか、整理して覚えた方が覚えやすい。男子はほとんどといって良いほど、左さえ見ていれば良いけど、それでも顔が女子の方に向いてしまい、30年経っても先生に注意されている。

顔の向きに関しては簡単な男子でさえ、こうなのだから、左を見たり、右を見たりしなければならない女子は大変。顔の向きなんて男子のリード次第よなんて、先輩女子のいうことは信用しないほうが良い。

兎に角、女子は左を見るか、右を見るかの2つしかない。どっちとらずの真ん中(男子の顔の方)を見ながら踊るということは絶対ない!と肝に命じて、足型を覚えた方が結局は簡単。

例えば、社交ダンス団体レッスン月曜日ワルツ初級アマルガメーションの足型ならば、ウイスクの3?までは歯を食いしばってでも左を見続けていなければならない。
ところが、いいかげんな気持ちでいると顔は直ぐに正面を向いてしまっています。

自信がなくて考え事をする時はたいてい正面を向いてうなだれて考えてしまう。
ひとつの足型が終わるたびに安心してしまい左を見るを忘れてしまう。
前進の一歩目で身体の進行方向である正面に顔が向いてしまう。
身体が回転すると顔も回転するけど、それは左を見続けながら身体が回転しなければならないのに回転が終わると顔が正面を見てしまっている。

そりゃもう、一瞬の油断もできません。

これはダンスではなくただ歩くとか回転するとかいう日常の動きの時は正面を見ながらやるのが生まれてずっとやっていますから、ダンスで左を見続けて動かなければならないなんてのは極めて慣れてないことなので仕方がないことです。しかし、仕方がないで諦めてはいけないし、また、顔が正面を向いてしまうのは、ダンスをやる上では「諸悪の根源」と思わないといけない。

顔の向きを意識してキープして踊ってくれる女子と踊ると私はとっても楽しいです。多くの女性が自分の顔の向きが自分で正面に向けてしまっているのに、男子にばかり、「ホラっ、また、女子の顔を見てる」と文句を付けていますが、男(ひと)の振り見て、我が振り治せなのであります。

左を見てるべきところは歯を食いしばってでも左を見続けなさい、そうすれば右を見るべきところがはっきり判るようになります。漫然と正面なんか見てしまってたりすると、右を見ればいいのか、左を見ればいいのか? どちらでも向けちゃうなんていうとんでもない事になってしまいます。まあ、左を見ながら傾けば「ポイズ」してると褒められ、正面を見ながら胸を張ったりすると「そっくり返ってる」と叱られるようになると思います。まあ、そういう高級なお話はいつか判る時が来ると思いますが、足型を覚える時は、ここは歯を食いしばってでも左を見続けていなければならないとか、ここは安心して右を見ても良い所とか脳味噌を働かせた方が良いと私は思っています。

したり顔で女子は足型なんか覚えなくても良いと言う男子もいますが、それは馬力のない軽四女子と踊ってる男子の言うことです。良い男子と言うのは100万馬力のロールスロイスの女子と踊りたいと・・・ある外人が言っていました。馬力のある外人女子は頭も良さそうに私には見えます。

2009.08.11 初稿



社交ダンス団体レッスン月曜日ワルツ超初級:何故足型が覚えられないのか?1



社交ダンス団体レッスン月曜日ワルツ超初級:何故足型が覚えられないのか?2



社交ダンス団体レッスン月曜日ワルツ超初級:何故足型が覚えられないのか?4





(社交ダンス sho)fc2



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ